vol.20 「秋刀魚」

2012年3月27日 10:30

天高く、馬肥ゆる秋….秋が旬の食べ物の代表と言えば「サンマ」。この時期は脂がのってとても美味しくなります。。
秋に獲れる刀のような形をした魚と書いて「秋刀魚(さんま)」。今回は秋刀魚について紹介します

 

落語「目黒のさんま」をご存じですか?
江戸時代、三代将軍徳川家光が、鷹狩りの途中に立ち寄った目黒の茶屋で、秋刀魚の塩焼きを食べ「さんまは目黒に限るなぁ」と庶民の味に舌鼓を打ったというエピソードから出来た落語です。
このように、私たち日本人の食卓に古くから馴染みのある秋刀魚ですが、では、どのような栄養があるのでしょうか?

 

 

 

秋刀魚の栄養
秋刀魚には、血栓ができるのを防ぎ、アルツハイマー病予防等にも効果があるといわれる不飽和脂肪酸のDHAや EPAが豊富に含まれています。
また、骨を丈夫にするビタミンDも多く含まれ、骨粗鬆症予防にも効果的な食材です。

 

新鮮な秋刀魚を見分けるポイント
・くちばしが、黄色やオレンジ色である。
・えらが鮮やかな紅色である。
・身がふっくらしていて、はりがある。

 

美味しい塩焼きの作り方
1.まな板にのせたら、できるだけ手で触らないように注意する。
2.身が焼き網に対して長すぎる時は、尾と肛門付近から切り落としたり、身を斜め半分に切ったりして、火の通りをよくする。
3.塩(できれば天然塩)を両面にまんべんなく振り、30分以上冷蔵庫におく。
4.あらかじめグリルを熱しておき、焼く。グリルの下にアルミを敷いておくと輻射熱により早く火が通る。
5.火加減は、中火から強火にし、盛り付けたときに表になる方から焼く。

 

 

秋刀魚は100%が天然で、国産という、珍しい魚です。
日本の秋刀魚を食べましょう!