vol.19 「スイカ」

2012年3月26日 10:34

夏休み、蝉の声を聞きながら食べたい果物といえば、スイカです。
今回はスイカについてご紹介します。

 

 

「スイカは野菜?果物?」
スイカは分類上は、ゴーヤや冬瓜と同じウリ科の野菜です。一般的には、果実類として出回っています。
英語で「ウォーターメロン」と言うように、90%が水分で、10%が糖分です。果肉には、利尿作用のあるカリウムがあり、むくみが気になる人にお勧めです。また、抗酸化作用のあるカロテンとリコピンも含まれています。

 

「スイカから発見された栄養、シトルリン!」
スイカの皮にはカリウムと、シトルリンが豊富に含まれています。シトルリンはスイカから発見された、ウリ科の野菜に含まれるアミノ酸の一種です。
シトルリンには高血圧や動脈硬化の予防効果があり、注目されています。

 

「美味しいスイカの見分け方」
スイカを選ぶ時は、皮の緑と黒のコントラストがはっきりとしているものを、スイカがカットしてある時は、切り口がみずみずしく、種がしっかりと黒いものを選びましょう。

 

「美味しい食べ方」
スイカは冷やすと甘みが増します。果肉の中で甘いところは、果肉の中心と、つるのそば、そして種のまわりです。とれたてが一番甘くて美味しいです。買ってきたら冷やして、なるべく早めに食べましょう!

 

「スイカの皮、捨てていませんか?」
スイカは皮も食べることが出来ます。緑色の固いところを少しむいて、糠や塩に軽く漬けると、爽やかな風味の浅漬けが簡単に出来ます。糠に漬けることで栄養価も増します。この夏ぜひ作ってみましょう!