椎茸

2015年10月16日 11:05

だんだんと肌寒さが増し、木々も紅葉に色づき秋めいてきました。

秋は食べ物が美味しい季節です。 きのこや栗など、山は実りの季節をむかえます。

 

椎茸

 

栄養雑学講座、今回は椎茸についてご紹介します。

椎茸はカロリーが低く、食物繊維やミネラルが豊富な為、生活習慣病に悩む人にもお勧めの食品です。

 

椎茸の旨味成分、グアニル酸とは?

椎茸のもつ独特のあの香りは、グアニル酸という旨み成分のせいなのです。

グアニル酸はアミノ酸の一種で、加熱することにより増えるといわれています。

またグアニル酸は、昆布などに含まれているグルタミン酸と合わさると、 より一層美味しくなり、相乗効果を生み出します。

 

椎茸の保存方法

椎茸は鮮度の落ちやすい食品です。生のものは適当な大きさに切ってから 冷凍しておきましょう。

椎茸は冷凍することにより、生のものよりも旨味成分が 出やすくなり、美味しく食べられると言われています。

 

 

美味しい椎茸の選び方

椎茸は、笠が八分咲きで表面にキズがなく、丸みがあり巻き込みの 強いものを選びましょう!

軸が太く、短いものがお勧めです。

 

干し椎茸はすごい!

椎茸にはビタミンDが豊富に含まれています。

干しシイタケは生シイタケに比べて、約8倍の ビタミンDが含まれています。

ビタミンDはカルシウムの吸収をアップし、骨粗鬆症の緩和と予防に効果があるといわれています。

抗ウイルス性物質のβグルカゴンや、脳の老化予防効果のあるグルタミン酸を含むのも、椎茸の特徴です。

 

椎茸の栄養雑学、いかがでしたか?

秋の晩は椎茸で、手軽に「秋」を感じましょう!