「桜」

2017年3月20日 10:49

私たち日本人にとって馴染みの深い花といえば、ですね。

は菊と並んで日本の国花でもあり、100円硬貨のデザインにも使われています。。
入学式や入社式の時期に咲く桜の花に、私たち日本人は人生の転機を感じ、様々な思いを寄せます。
桜は開花時期が短く「パッと咲き儚く散る」…その姿に、人々は足を止め、物事の移ろいやすさや、人生の儚さを感じるようです。

 

 

<桜の名前の由来は?>

「桜」という名は、沢山の花を一度に咲かせるその樹木の様子から、「咲く」に複数を表わす「ら」をつけた「咲くら」から変化したと言われています。
まさに満開の花々にピッタリの名前ですね。

 

<桜の塩漬けを作ろう!>

ソメイヨシノが散るころ、八重桜が咲き始め、私たちを楽しませてくれます。
そんな八重桜を使って、桜の塩漬けを作ってみましょう!

 

【桜の塩漬け】
(材料)
八重桜 100g
天然塩 20g(桜の20%)
白梅酢もしくは米酢 大さじ2杯
塩(保存用) 25g
(作り方)
1.桜の花をたっぷりの水で、よく洗います。
2.キッチンペーパーで水気をきります。
3.家庭用の漬け物器に花と天然塩を入れて、混ぜ合わせ、上から重石(200g~250g)をのせ一晩おきます。(漬け物器がなければジッパーつきの保存袋等を使い、本をのせても大丈夫です。)
4.出てきた水気を切り、桜をよく絞り白梅酢をかけます。
5.もう一度、重石(50g)をして、2~3日漬けこみます。
6.大きめのザル等にキッチンペーパーを敷いて広げ、2~3日陰干しします。
7.乾いたら瓶かジッパーつきの保存袋に、保存用の塩と一緒に入れて保存します。
重石の目安は桜の重量の約2倍に! 八重桜は七分咲きのものを選びましょう!
以上が作り方の説明です。

 

桜の塩漬けは、「桜湯」として、昔からおめでたい席などで喜ばれますが、パンやお菓子のトッピング等に使っても、色や香りを楽しめます。
ぜひ、作ってみてください!